人物 取材 建築 料理 商品/法人・企業・制作会社向け全国カメラマン出張撮影
モデル
  • faq

撮影当日の流れや時間は?

撮影当日の流れや時間は、簡単なものから複雑なものまで様々です。
一概に「絶対にこうなります」「こうしてください」と言い切ることは難しいのですが、主な流れとしてご紹介いたします。

写真撮影の主な流れ

写真撮影の基本的な流れは、以下の通りです
①現地に集合
②簡単な打ち合わせ等
③準備・セッティング
④撮影
⑤撤収作業

最も大切なのは撮影内容で、③の準備時間に大きな差が出てきます。

撮影イメージ2

人物撮影や取材(インタビュー)撮影の場合

人物を撮影する場合、実は撮影そのものは1人5分程度だったりします。
まともなポートレートを撮るのに、15分保てる人はいません。
撮影そのものよりも、会社を背景にするのか、背景紙をセッティングする必要があるのか等、どこでどのように撮るということが大きく影響してきます。
特に背景セッティングを行うと、準備時間で40~50分ほどかかってきますし、インタビューカットの場合でも場所を作ったり、背景に写りこむものを整えたりと、気を遣う部分が大きいです。
そのため、準備時間と撮影時間を分けてスケジュールを組むとスムーズに進行しやすかったりします。

業務風景03

空間・建築撮影の場合

不動産などの建築物を撮影する場合は、1箇所当たり10~15分程度の時間配分をしていただければ、準備時間を割かなくてもそれほど問題にはなりにくいです。
ただし、すぐに撮影できる状態に整っていることが前提の時間ですので、工事完了時ギリギリで撮影する場合は注意が必要です。
他業者の竣工写真と被ったり、まだ工事が終わっていなかったり、ケーブルが出ていたり、家具の取り付けがされていなかったりしますと、大きな時間誤差が発生しますので、確実に撮影ができる日程か、余裕をもって終了出来そうな時間設定をすることをお勧めいたします。

オフィス

物撮の場合

物撮りの場合は撮影対象物によって、スケジュールの組み方が大きく変わります。
大抵のものは準備で50分前後いただき撮影に取り掛かります。
形や大きさが一定のものでしたら、1点5分くらいでも可能ですが、反射する素材の場合、60分ほどかかることもあります。
高さや大きさが異なるものの場合でも、1点1点ライトを調整する必要が出てきてしまうため、15~20分ほどかかってきます。
一般的な常識的な範囲のものでしたら、1時間で3~4点ほどが目安になってくるかと思います。

また、セット変更をしないといけない場合は、その時間もスケジュールに組み込む必要が出てきます。

商品イメージ03

安価すぎる撮影サービスですと、こういうところを気にしないかもしれませんが、上場企業様を頻繁に撮影させていただいている当社では、ワンランク上のフォトグラファーがしっかりとご対応しています。
最終的には選んで良かったと思っていただけると思います。

初めてご依頼いただく場合は、どういう撮影でどれくらい時間がかかるかもわからないと思います。
そういう場合は内容をお聞きして、おおよそのスケジュールを考えますので、ご安心ください。

 

関連事例

  1. 社長役員
  2. 業務シーン
  3. 初めて
  4. 撮影イメージ
  5. 料理集合
  6. 採用ポートレート
PAGE TOP