人物 取材 建築 料理 商品/法人・企業・制作会社向け全国カメラマン出張撮影

オリンパスの映像事業が・・・

とうとうこういう日がやってきてしまった。
カメラメーカーの老舗、オリンパスの映像事業が投資ファンドに売却されるそうです。

2020年現在、安価なコンデジはスマホに淘汰され、高級路線か、プロユースのカメラしか売れなくなってきています。
さらにここ数年のソニーの台頭で、他の老舗メーカーも抜かれるという事態です。

そんな中のオリンパス映像事業売却は、時代を感じずにはいられません。

OM-D E-M1X

気になったので、売上比率を調べてみると、

7939億円(2019年3月期)の売上があり、映像事業はその内の487億円で、なんと6%だそうです。
約8割が医療製品で6343億円もあります。

国別売り上げも、北米と欧州で54%もあり、日本はたったの18%です。
おそらくこれも医療製品がほとんどでしょう。

PEN-F

コンシューマー向けのカメラも面白いの作っていたのですが、オリンパスにとって、映像事業は荷物のような存在だったのでしょうか?

今後、ミノルタとソニーの関係のように、十年ちょっとでトップへ君臨するような展開が出てきたら、それもまた面白いです。
前向きに楽しみに見守ります。

 

関連事例

  1. レンズイメージ
  2. 一眼動画
  3. サービス画像2
  4. サービス画像2
  5. 社長役員
  6. 2024年賀状
PAGE TOP