人物 取材 建築 料理 商品/法人・企業・制作会社向け全国カメラマン出張撮影
採用案内

社員撮影 オフィスビル屋外でポートレートの抜け感を作る

■撮影仕様

撮影:フォトグラファー1名
拘束時間:4時間
納品:970点

▼動画ブログはこちらからご覧ください

企業にとって、採用活動というものは、非常に重要な比率を占めていると思います。

一般的には人を一人採用するに、100万円かかるといわれることもあります。

今回は、店舗・施設マッチング会社の、採用サイト用の社員撮影を行いました。

ポートレートは奥行き感が欲しい

撮影内容としては、全12名の、
・インタビューカット
・ポートレート 正面
・ポートレート 背面
の、各3カットになります。

後ろ姿??
なぜ後ろ姿が必要かと言うと、採用サイトで、マウスオーバーすると、正面の写真が出るという仕組みのためです。

一般的な採用案内系のポートレートは、若めの先輩社員が中心で、
抜けの良いオフィスで撮影すると、非常に良い写真になる傾向があります。

実際に執務エリアを拝見しますと、壁で仕切られており、非常にごちゃついていて、
良い抜け感を得ることが難しい場所でした。

そのため、ビルの許可を取り、ビル周りでの撮影を行うことになりました。

大きなオフィスビルで、エントランス外側が、運よく公園風になっているため、
向く角度と、背景を極端にぼかす事により、雰囲気のあるカットを撮影することが出来ます。

既に2回目の撮影のため、撮影場所についてはスムーズでしたが、
初回は、本当に急遽外の撮影だったため、
なかなか慌しいものでした・・・。

1名あたり20分では短すぎた?

1回目は「インタビューカット」のみ、というお話だったため、
1名あたり15分の設定で行いました。

ところがいざ撮影に訪問すると、ポートレートカットがありました。

先輩ポートレート01

外での撮影で、ストロボが必要ない状態だったので、
時間が伸びつつも何とかまとまりましたが、やはり厳しい時間でした。

そのため、2回目の撮影は20分取り、撮影を行いました。

ただ撮るだけなら、10分でもシャッターは切れますが、人物撮影は表情があります。

笑っていただける人、口角を自らあげる人は問題ないですが、いわゆる「笑わない男」みたいな方もいらっしゃいます。
そうすると時間がかかってきます。

カメラマンも、頼んで良かったと思われたい、という想いは当然ありますので、また「同じカメラマンでお願いします」と、言われたいわけです。

インタビューカットも、一見簡単そうですが、正面・左・右を抑えるとなると、本来はライトの向きも変える必要がありますが、そういう事もほぼ出来ず、表情を引き出すほうが優先されます。

そうすると、インタビューカットで10分、ポートレートで10分、途中の移動もありますので、どう考えてもギリギリです。

なぜ1名20分区切りで行ったかというと、12名の社員を撮影するのに、撮影について知見の無い方に対しては、6時間は長すぎるだろうと思い、
20分刻みで約4時間が妥当ではないか、という考えから設定をいたしました。

カメラマンからは、「ちょっと短かったかも」という意見もありましたが、やや仕方ないかと思います。

採用ポートレート

仕上がりは上々、また同じカメラマンで

撮影自体は天候にも恵まれ、トラブルもなく、撮影を終えました。

実際に公開されたページを見ますと、後ろ姿が並んでいます。

マウスを動かすと、表を向きました!
皆様良い表情をしています。

一般社員の場合は、顔が崩れるくらい笑っているほうが、会社の雰囲気が伝わるかもしれません。

「次回もまたお願いします」

そういう言葉が撮影側にとっては、最高の誉め言葉かもしれません。

関連事例

  1. 社員証
  2. オフィス
  3. 社員紹介
  4. ジョギング
  5. 社長ポートレート
  6. 私服イメージ
PAGE TOP