人物 取材 建築 料理 商品/法人・企業・制作会社向け全国カメラマン出張撮影
社長イメージ

役員撮影 超ご機嫌の会長の笑顔に人柄が滲み出る

■撮影仕様

撮影:フォトグラファー1名×3日
   アシスタント1名×2日
   背景紙セット2日|追加照明機材2日
   拘束時間:7時間、9時間、3時間
   納品:872点

 

▼動画ブログはこちらからご覧ください

今やだれでも持っているクレジットカード。

特に近年はキャッシュレス決済が当たり前になり、
それにはほぼ全てといって良いくらい、
最終的にクレジットカードに紐づいています。

今回はプライム市場上場の、
老舗カード会社の、会長・社長のポートレートと取材、
役員の取材、鼎談を、全3日間で行ったときのお話です。

会長が超ご機嫌 前回と違うぞ

1日目は、会長と社長のメインポートレートと取材です。
昨年はあまりご機嫌がよくなかったこともあり、撮影前にいろいろと試行錯誤して考えます。

会長が入室されると、なんと超ご機嫌です。
前回の不機嫌は何だったのでしょうか?
直前の役員会議の影響だったのでしょうか?

今回のご機嫌の良さは、どうやら昨年の統合レポートが海外で賞を受賞したということで、何度も何度も喜んでいました。

この機嫌の良さはチャンスです。
昨年はなかなか困ったものでしたが、
今回はいろいろと言えそうです。

80過ぎの高齢な方ですので、姿勢がどうしても良くなりません。
これをどうにか直したいのですが、
「会長、背中をなるべくまっすぐに。」
「会長、上から引っ張られているように。」

・・・・・・

何も変わりません。

姿勢は諦めますが、笑顔が昨年以上に自然で柔らかく、
やはり良いことがあると人の表情は変わるものだと感じます。

社長役員

なんでも広めに撮るのは良いことか?

2日目は、役員のポートレートと取材カットです。

ご担当者に、どういうレイアウトで使用するかわからず、
又は、デザイン上トリミングしやすいよう、デザイナーの自由度を高めるために、
広めに撮っておいてほしいと言われることがあります。

インタビューイメージ

これは一理ありますが、決してベストとは言えないです。

どうしても見た目が不格好になるのもありますが、
広めに撮るということは、広角になるということでもあります。

広角レンズの特性上、端の方は歪んできますので、広めに撮影したからと言って、
使いやすいものになるかどうかは別問題として残ります。

やはり会長の良い人柄か

3日目は鼎談です。

昨年の同じ企画で同じ場所なため、
テーブルをどかし扇状に椅子を並べる形にしました。

部屋を変えたほうが効果的だとは思うのですが、
決まっている以上、その場所でのベストを考えるしかありません。

撮影がある場合はマスク着用出来ないため、鼎談は密にならないよう、
さらに、対面しないようなレイアウトです。

スタートすると、マスクをしたままです。
困りました。
話が展開されてしまっているので、中断できません。

途中20分くらいしたら休憩時間になったため、そこで改めて撮影のためにマスクを外していただきました。
座談会や、対談、鼎談の場合は、全体のカットも押さえますが、
紙面上はお話している個別の写真を使用することがほとんどで、
密を避け、離れた形でも問題ないというのは面白いです。

最後の方で会長が、「飲食で経済を回しましょう」
みたいなことをおっしゃっていました。
最初は気難しい方なのかと思っていましたが、
人間味あふれ人柄が良い方なので、ここまで成長した会社なのかと、改めて感じました。

関連事例

  1. 社長ポートレート
  2. 社長・役員006
  3. 私服イメージ
  4. エステイメージ03
  5. ジョギング
  6. 社長・役員006
PAGE TOP