人物 取材 建築 料理 商品/法人・企業・制作会社向け全国カメラマン出張撮影
社長イメージ

社長撮影 大切な撮影ほどしっかりロケハン 短時間でも納得の撮影を

■撮影仕様

撮影:カメラマン1名 アシスタント1名 追加照明機材
画像加工:セレクト後レタッチ
拘束時間:3時間
納品点数:220点

▼動画ブログはこちらからご覧ください

「日本人は保険が大好き」という話は、昔からよく耳にします。
これは日本人特有の感覚から、くるものではないでしょうか?

決して保険が好きということでは無く、他人に迷惑をかけたくないという感情と、
高度経済成長のバブル期に、一気に成長した産業なのかなとも思います。


最強の国民健康保険が有りながら、任意保険にもたくさん入るという、
なかなか不思議な国民性とも言えます。


今回は、そんな保険業界の社長の撮影で、
時価総額5兆円越えの業界トップクラスの保険会社のお話です。

大切な撮影であればロケハンは必要

今回は別日に、役員集合写真の撮影があり、
そのロケハンと、社長撮影の日のロケハンが事前にありました。

役員集合写真も鋼材な空間で、ライトがたくさん必要なものだったため、確認が出来て良かったと思えます。
情報も無くいきなり撮影でしたら、外光に負けてしまう、良くない写真になっていました。

社長の撮影も何カ所も撮っておきたいという、よくあるパターンです。
これは希望としてはわかるので、内容を確認していきます。

社長の拘束時間を確認すると、何とたったの30分ということでした。
30分で4箇所希望でしたが、困難が予想されたので、3箇所の撮影にしていただくことになりました。

事前に画角決めとセッティングを終えておき、
社長をなるべく待たせずに撮影が出来るような準備をすることになります。

会議室イメージ

早朝入りで準備

社長の撮影って、いつも早いです。
だいたい9時か10時スタートになることが多いので、1時間半前から準備をすると、7時半入りになってしまいます。
しかし、そういう内容になるため、時間については了承をいただいています。
不思議なことに、7時半入りでも、文句を言われたことはありません。

レベルの高いお客様ほど、プロが「必要」ということには、
疑問なく受け入れていただけます。
9時スタートになるので、1箇所30分のライティングの準備を事前に行う計算をしています。

社長イメージ03

全箇所を完全セッティングするわけではなく、
標準の2灯に加え、追加2~3灯を使用し、事前にライティングのテストを行い、
印をつけておき、すぐに準備できるようにしておきます。
これで待たせることなく、時間内に撮影を行うことが可能です。

たとえ30分の撮影でも1.5時間の準備が必要になり、非常に大切な部分です。

レタッチは本人の要望か?

撮影も無事に終わり、一度セレクト用のデータ納品を行います。
選定いただいた写真のレタッチを行うのですが、よく思うことがあります。

これは本人が希望しているのだろうか?
以前、勝手にホクロを消して怒られた話を聞いたことがありましたが、
それはデザイナーが気を使いすぎてやってしまったこと。

シミやシワを緩和したいという要望があります。
それに加えて、なんと髪を増やしたいという希望までありました。

本当に良いのだろうか?
と思ってしまいます。

とはいえ、クライアント仕事ですので、希望には満足していただけるようにしますが、
実は本人はそんなことを全く知らないのでは?
と思ってしまう、今日この頃です。

大企業の社長は、ご自身の広告的な役割を把握されていますが、
制作物のご自身の写真の細かい点まではチェックしていないでしょう。

なかなかないケースのため、本人が希望したのか、周りの方が気を使っているのか、気になるとところです。

社長イメージ02

関連事例

  1. ビキニイメージ
  2. エステイメージ02
  3. 社長
  4. 部署集合2
  5. 役員004
PAGE TOP