人物 取材 建築 料理 商品/法人・企業・制作会社向け全国カメラマン出張撮影
不動産イメージ

店舗撮影 旗艦店の美しいエントランス 床の反射が歪んでる!?

■撮影仕様

撮影:フォトグラファー1名
拘束時間:2時間
納品点数:30点

▼動画ブログはこちらからご覧ください

定期的に新店舗を展開する不動産のお店。
より良い立地が空いたためもあるでしょうし、
商圏を少しずらして、移転することもあるでしょう。

不動産の店舗は、思っているよりも頻繁に移動があります。
全国展開していると、余計にそう思ってしまいます。

実際にはこの広報部分を担っている担当者がいて、
担当からすると、会社から「このエリアの店舗の写真を撮る」
というミッションを与えられているわけです。

毎回どこの馬の骨かもわからないWebで見つけたフォトグラファーに
依頼するわけにもいきません。

出来ないことは無いでしょうが、とても労力を使いますし、
Webで完結するような安価なサービスだと、技量も不安です。

今回はそんな不動産の店舗の撮影のお話です。

依頼はピンポイント

「○月○日○時からお願いします。」
という具合に、ピンポイントで依頼があります。

これ、意外と困るケースがあり、地方の場合、ピンポイントだとスケジュールがうまく取れないことがあります。
かなり前もったスケジュールであれば良いのですが、直前でピンポイントだとどうにもなりません。

そのため場所によっては、
「○日では難しいでしょうか?」
逆に調整いただくこともあります。

上手くいくときは良いのですが、そうでないこともありますので、
「○日か○日」、もしくは「○日から○日の間で可能な日」
という形で依頼をいただけると確実です。

とはいえ新店舗の撮影の場合、営業開始前に撮影することになるので、
日程が限られるため、無理強いは出来ません。

どうしても難しい場合は、やや交通費がかさむ近隣から移動することになります。

エントランス

新しい旗艦店は美しい

早速撮影に入っていきます。
今回の内容は、
・外観
・エントランス
・商談室
・会議室
・キッズルーム
です。

新店舗の場合の、お決まりパターンです。

全体の時間は2時間見ていただいていますが、
中の撮影だけなら1時間程度で終わると思います。

外観がある場合は、道路を挟んだ場合に人通りの問題があるため、20分以上は見ておきます。
大通りを挟んで撮影する場合は、えらく時間がかかる時もあります。

応接室、会議室、キッズルームは、方向違いや、角度のバリエーションを撮影していく、
一般的なパターンでこなしていきます。

床の反射が写真では微妙に見える

メインであるエントランスは、
こげ茶色の重厚な色の壁で、お客様をお出迎えしています。

ふと下を見ると、床が反射しています。
えらく光っていますので、反射してほしくないものも反射しそうです。

天井のスポットが床に映っています。
映ること自体は問題ないのですが、鏡のように映れば綺麗なのですが、
どうも歪んで反射しています。

これは床の大理石のような素材の影響だと思いますが、どうにも反射が綺麗に見えません。

バリエーションとして納品データは作るのですが、
天井のスポットライトが床に映っているカットは、使用しないでいただいたほうが良さそうです。

どれが選ばれるかわからない場合、少し余分に撮影しないといけないので、
納品点数が多くなってしまいますが、満足いただける内容にはなっていると思います。

delivery007

関連事例

  1. 外観イメージ
  2. 内観
  3. テレビ塔01
  4. 工場
  5. 内観
  6. 魚介類イメージ
PAGE TOP