人物 取材 建築 料理 商品/法人・企業・制作会社向け全国カメラマン出張撮影

照明会社の納入事例撮影

光を扱う被写体の撮影は非常に難しいです。
そもそも撮影は、わずかなシャッターの開放時間で光を取り入れるものです。

空間・建築

光を発する被写体の場合、普通に撮影しても白く飛んでしまうことが多いと思います。
しかし、それを抑えようとすると暗くなってしまいます。

当然のことながら段階露出で撮影して合成していくのが最も近道かと思いますが、多くのカットが必要になる場合、合成費用もバカになりません。

カタログや広告に使用するものであれば合成も必要でしょう。
アーカイブや、ちょっとした営業ツールであれば、それほど費用もかけられないと思います。

そうすると適正な露出を探ることになってくるわけです。
この辺りの判断がプロの技術の違いで、経験が豊富なカメラマンのほうが建築系は上手だったりします。

高額は出せないけど一定以上の品質で定期的に依頼したいという事例撮影なら、プロスクルーの出張撮影が利用しやすいですので、是非お試しください!

関連事例

  1. 内観
  2. 工場
  3. 内観
  4. 内観・不動産
  5. 待合イメージ
  6. 平屋イメージ
PAGE TOP