人物 取材 建築 料理 商品/法人・企業・制作会社向け全国カメラマン出張撮影
キッチンイメージ

全国撮影 マニュアルが細くなるも 無理なく撮影した 51カ所のショウルーム

■撮影仕様

撮影:フォトグラファー29名
撮影箇所:51か所
期間:8か月
拘束時間:3~5時間
納品点数:3168点

▼動画ブログはこちらからご覧ください

ショウルームはなんて豪華なんでしょうって、思うことありませんか?
全国展開しているメーカーのショウルームは、シチュエーションを作った空間も有り、イメージしやすくなっています。

ハウスメーカーや、工務店が、お客様を連れてくることもあるでしょうし、
個人が実物を見に来ることもあるようです。
予約制にもなっていて、快適に物を確認することが出来ます。

今回は全国に展開する水回りのメーカーの、ショウルーム全国撮影のお話です。

どれくらいの頻度で撮るのか

ショウルームは、1~2年に1回は、大きく変更する傾向があるようです。
レイアウト変更が主体の時もあるでしょうし、商品が大幅に入れ替わることもあるでしょう。
コロナ禍の時は、人の導線を変えたりと、様々な工夫があったはずです。

もちろん、レイアウト変更だけで、全国の店舗を再度撮影していては、
コストが見あわないと思います。
そのため、商品が大幅に変わるときに、全国一斉の撮影の依頼をいただきます。
以前は4年くらい空きましたが、今回は2年ほどで次の撮影となりました。

これは非常にありがたいです。
メーカーのショウルームが、全国に50カ所以上ありますので、
長期間のプロジェクトになります。

キッチンイメージ2

マニュアル作成に余念がない

全国撮影に必須なのが、撮影マニュアルです。
これがなかなか厄介なのです。

全国のフォトグラファーが共通して認識できる必要があるため、

「俺はこうやる」
「私はこうやる」

ということが、なるべく無いようにしていく必要があります

人によってカメラメーカーも、持ち機材も異なります。
特別な用意が無いようにして、なるべく平均的にしていかなければいけません。

マニュアルイメージ

幸いなことに、空間や建築系の撮影の場合、ライティングする必要が無いので、
技術的な指示はあまり必要ありません。
どんなカテゴリーを、どれくらい撮影するのかが主体になります。

ただ、このマニュアル、どうしても情報量が多くなってしまいます。

実際の撮影を行いながら、
「これも必要だった」
「これはNGだ」と、
様々なことが起こります。

そうすると、どんどん情報が多くなり、余計にわかりにくくなります。
なるべくわかりやすくしていくのも、マニュアル作成のポイントです。

なんと期間は8か月⁉

全てのショウルームが、いつでも準備OKであれば、
1か月で一気に撮影することも可能です。

しかし、店舗ごとに製品の納入時期が異なり、
可能になる時期を見て、スケジュールを組んでいきます。
2か月以上前に撮影候補日が出てきますので、比較的無理なくスケジュールを組むことが可能です。

最初はテンポ良く組んでいけるのですが、どうしても遅くなる店舗が出てきます。
理由はわかりませんが、実に最初書の店舗を撮影してから、最後の店舗は8か月後でした。

清算は毎月できるため、問題になることはありませんが、
「いつまで続くのだろう」
という心の言葉が出てきます。

最後の納品まで問題なく終わり、
実に良いプロジェクトだったと思います。

バスイメージ

関連事例

  1. 空間・建築
  2. 照明イメージ01
  3. 施設紹介
  4. 魚介類イメージ
  5. 像
  6. 平屋イメージ
PAGE TOP