人物 取材 建築 料理 商品/法人・企業・制作会社向け全国カメラマン出張撮影
ネックレスイメージ

商品撮影 細か~いチェーン スタイリングだけで95%の時間を費やす

■撮影仕様

 体制:フォトグラファー1名
 拘束時間:3時間
 納品:4点

▼動画ブログはこちらからご覧ください

出張撮影でも商品撮影を行うことがあります。
ただし、お客様の会議室に出向くことになりますので、
多くの機材を持ち込むことは難しいです。

難度の高い撮影ほど、繊細なライティングが必要になり、
大雑把なセッティングは出来ません。

そんな環境でもそれなりのことはする必要があります。

今回はジュエリーの撮影で、95%をスタイリングで費やしたお話です。

撮影指示書で想像を膨らませる

お客様は、アートディレクターではありません。
直接クライアントと撮影を行う撮影の場合、ディレクターにあたる方はいないケースがほとんどです。

「こんな種類の商品があって、」
「こんなイメージです。」

これを事前にいただくだけで大きく異なります。
お客様が仕上がりをイメージしているというのは、とても大切です。
中には、どうしてよいかわからないという方もいますし。
なにも無ければ、イメージを探るだけで何時間もかかるかもしれません。

参考写真をイメージとして添えていただき、背景はこんな想定と記載いただいています。
どういう物が何種類あって、おおよそのイメージがあれば、
その意図を解釈して膨らませて行くことが容易になります。

ネックレスイメージ2

長くて細かいチェーン

メインはジュエリーとバッグのカットです。
サブも同様にジュエリーとバッグで、合計4カットの撮影です。
メインが二つなので、そこまで時間がかからないだろうと、楽観視していました。

ところがメインはジュエリーです。
光り物であることもありますが、実は一番のくせ者は、チェーンです。

長めの細~~~いチェーンがついています。
これがなかなかヤバいやつなのです。

ネックレスイメージ3

指輪であれば、簡単に立てられますが、
ネックレスのチェーンはそうはいきません。
長いチェーンもさることながら、1個1個の輪が細かいのです。

これが非常に厄介で、表を向いたり、裏を向いたり、
1本綺麗に並べるだけでも5分以上かかるイメージです。

今回は誕生石がモチーフでしたので、12種類を並べていきます。

全部並べて、「こうじゃない」と言われても困るので、
少しずつ確認をしてスタイリングをしていきます。

この1カットだけで約1時間少しでしたが、
内、スタイリングでかかった時間も1時間ほどです。

本当はかかっても40分くらいで終わると思っていたカットも、時間を見誤ることがあります。
ジュエリー関係の場合、どれくらい時間がかかるのかを予測するのは非常に難しいです。

サブカットもなかなかかかる

ようやくメインカットが終わり、サブカットの撮影に移ります。

でもこのサブカット、同じネックレスを使います。
そうすると、チェーンのスタイリングで、同様の時間のかかり方をするのです。

しまった。
これは3時間では終わらないコースかも。

クライアントは、時間かけなくて良いとおっしゃりますが、物理的に時間がかかってしまうのです。

ネックレスの数が2つに減って、小物を置く形でしたので、数が減っただけでもだいぶ違います。
それでも想定していた、倍の時間はかかるものです。

もちろん、お客様が悪いわけでもなく、撮影結果には満足頂いていますが、
こういう落とし穴もあると感じます。

いつも決まった時間の中で行う撮影の場合、
ジュエリーが出てきたら、時間の余裕を持っていただく必要があると実感した案件でした。

宝石イメージ

関連事例

  1. フレグランス01
  2. 料理
  3. 寿司イメージ
  4. 料理
  5. アパレル店舗イメージ
  6. デザインイメージ
PAGE TOP