人物 取材 建築 料理 商品/法人・企業・制作会社向け全国カメラマン出張撮影
肉料理

料理・ドローン撮影 絶景グランピング 撮影対象物は自分で作る!?

■撮影仕様

撮影:フォトグラファー1名、安全確認員1名
拘束時間:12時間
納品点数:静止画575点、動画7点

▼動画ブログはこちらからご覧ください

グランピングっていいですよね。
道具を持っていなくても、素敵な設備と食材で、キャンプやBBQを楽しめ、
設備もとてもラグジュアリーな施設が増えてきました。
初心者の方や手軽に楽しみたい人にとっては、良い施設だと思います。
今回は新たに開業したグランピング施設の、料理と施設と、ドローン撮影のお話です。

膨大なカット数をどうやって撮影しようか

全日に支給された撮影リストは、ざっと3日分はあります。
詰めても2日はかかる量だと思います。

今回起用しているフォトグラファーは、
撮影歴も長く、スチール・ムービーもでき、ドローンの免許も持っているという、スーパーマンです。

しかし、置きポンになるけど、なんとかするという心強い言葉もありつつも、
不安いっぱいで当日を迎えるしかなく、撮影に望んでいきます。

料理がメインで膨大な撮影量があります。
決して1個1個の単品がメインではないのと、雰囲気を生かせるものであるため、
地明かりを生かしつつ、手分けして準備をしていくことにします。

料理

撮影対象を自分で作る!?

食材などの説明を一通り受けると、施設の人はいなくなります。

???

そうです。
グランピングなので、自分たちで作るのです。

初めてです。
料理の撮影で、料理を作ることになるのは。

幸いなことに、カメラマン以外にお客様含め2名いるので、
準備を先行して、効率よく撮影していけるようにしていきます。

キャンプイメージ

正解がわからないところもありつつも、
カメラマンがキャンプ系の知識が豊富だったため、
初見でも上手く導いてくれます。

「これは富士山溶岩ですね」
「これ、高いんですよね~」

何で知ってるの?と思ってしまいます。

食材は地元で採れたものがメインで、焼きものが多くあります。
やはり旨そうです。
よだれが出てきそうなくらいです。

早朝から移動しているため、我慢が出来ません・・・。

朝しか撮れないドローン

富士山のふもとにある施設です。
朝一番の富士山は圧巻です。
特に東京からいくと、徐々に富士山が大きくなり、わくわく感が増してきます。

前日まで天気の心配はありましたが、
早朝は晴れていて、見事な富士山を望むことが出来ます。

富士山を望む施設のスチールと、ドローンは、午前中が撮影チャンスです。
午後になるとガスが多くなり、富士山が隠れてしまうことが多いからです。

カット数が多く、優先したいものも多い中、
なんとか朝のカットを素早く撮ってきます。

ドローンは安全確認員が必要になるため、2名体制で行う必要があります。

ドローンの空中姿勢保持や、安定感はすごいですね。
強風だと飛べないこともありますが、空中での撮影がこんなに身近になる日が来るなんて。
と思ってしまいます。

時間がかかりつつも、何とか1日で全カットの撮影を行いましたが、だいぶヘトヘトです。
後から聞いた話では、写真の評判が良かったようで、頑張って撮影したかいがありました。

富士山イメージ

関連事例

  1. 内観
  2. 不動産イメージ
  3. 全国撮影マニュアル
  4. 集合
  5. ネックレスイメージ
  6. 外観イメージ
PAGE TOP