人物 取材 建築 料理 商品/法人・企業・制作会社向け全国カメラマン出張撮影

導入事例取材 導入元の厚意が伝わるから受けるんだ

■撮影仕様

フォトグラファー1名
拘束時間:2時間
納品:307点

▼動画ブログはこちらからご覧ください

出張撮影で数が多いものの一つに、事例の取材撮影というのがあります。

当社からはフォトグラファーのみの訪問がほとんどですが、
裏メニューとしてはライターの出張も可能です。

今回も人事コンサル大手の事例取材撮影がありました。
飛ぶ鳥を落とす勢いで、大手の人事が続々導入しているシステムです。

実際に話を聞くと、視覚的にわかりやすく、とても素晴らしいシステムで、
本当に導入して良かったと聞きます。

若い会社ほど人事評価がむずかしい?

今回の取材はECプラットフォームを運営している会社が対象で、非常に若い組織です。

若い会社はイケイケで、組織改善に目を向けることは少ないイメージがありますが、
発展途上の段階でそこに手を付ける判断をされたのは、先を見据えているからでしょう。

営業会社は単純に売り上げが評価基準になりやすいですが、
インターネット事業は、ほとんどがバックオフィス的な感覚で、
そういうものが難しいのでしょうか?

しかしながらチームで動くことは多いはずです。
そうすると、チームとして成長していくところが、ポイントになるのかもしれません。

企業取材

事例の見せ方もドラマチックに

取材撮影というと、単純に対談風景や、担当者のワンショットが多いのですが、
ここ最近は見せ方を変えて、ドキュメンタリー風に、ページを仕上げるような企画になっています。

組織改善システムのため、チームとしてどのように成長したかなど、
フィーチャーできるポイントを表現するためです。

採用案内

とはいえ、お客様に時間をいただき、取材をさせていただくわけですから、
時間が無限にあるわけではないですし、ドラマチックに撮らせてもらえるわけではありません。

取材の担当者様が誘導していただけますが、フォトグラファーが誘導したほうがうまくいくこともあります。
担当フォトグラファーは、その点を意識して撮影するようになっています。

取材カット以外に、チームでの談笑シーンや、内観イメージなど、
ちょっとした採用案内のようなカットも、なるべく撮らせていただけるようにします。

人の撮影は表情が含まれますので、自然とカット数も多くなります。

なぜこんなに導入されているのか

飛ぶ鳥を落とす勢いとは言いますが、ガツガツ、乱暴なやり方をしているわけではありません。

導入元の会社の方たちの人柄が非常に良いのです。
私たちのような外注業者に対しても、大変な気遣いをいただき、厚意がひしひしと伝わってきます。

導入先に対しても、
「こういう人が育つ会社のシステムなんだ。」
「間違いは無さそうだな。」
「正式導入しよう。」
となるのも自然な流れと思ってしまいます。

それくらいお仕事をしていても心地良く、協力パートナーとして、扱っていただけます。
おそらく業界ではトップシェアだと思われますが、
どんな競合が現れても、人材の教育の良さはそう簡単にまねできるものではありません。

これからも、質の高い組織改善コンサルをされることでしょう。

会社案内

関連事例

  1. エントランスイメージ01
  2. 弁護士
  3. 作業
  4. ビニールハウス
PAGE TOP