人物 取材 建築 料理 商品/法人・企業・制作会社向け全国カメラマン出張撮影
忍者

忍者VP 圧巻のパフォーマンス 都心に忍者は生きていた

■撮影仕様

制作仕様:
 カメラマン1名
 ディレクター1名
 動画用照明機材|ピンマイク
 拘束時間:4時間
 納品:8分編集データ1点

▼動画ブログはこちらからご覧ください

遥か昔、戦国時代の大名は、忍びの者と交流を持ち有利に戦えるようにしていたそうです。
そう、忍者です。
今回はなんと、忍者の撮影です。
現代にも忍者はいたのです!

その忍者たちのパフォーマンスを海外の方たちへ紹介するための、忍者 紹介動画 制作のお話です。

照明を入れてほしい

海外の人たちへ紹介するための動画ですので、全編英語です。
間に入っているご担当者様は、クリエイティブには精通していないため、撮影対象の団体からの言葉をそのまま伝えてきます。

「照明を入れてほしい」

地明かりで撮るのかなと思っていたら、まさかの機材指示がありました。
相応のパフォーマンスをする形ですので、おそらく慣れているのでしょう。

実際の撮影は、忍者の隠れ家という名の道場のような場所で、
確かに暗いため、結果的に照明は必要でした。

撮影日などが決まり、スクリプトが送られてくるということでしたので、ひとまずそれを待ちました。
内容を見てみると、全て英語で書かれています。

英語に通じている忍者というのも面白いです。
普段から相当やり取りをされている忍者なのでしょう。

聞いてみると、その場で話しながら技や忍術などの紹介をするということです。

「本当だろうか?」
「きちんと覚えておいていただけるのだろうか?」

失礼かもしれませんが、半信半疑のまま撮影を迎えます。

侍イメージ

パフォーマンスがすごい

撮影はカメラ1台で、パフォーマンスを部分部分で区切って、2回ずつ演じていただくことにしました。
1回目は全体を抑え、2回目は手持ちで寄りのイメージ。
場合によっては3回目も撮っています。

迫力のある声とキレのある太刀で、圧倒されます。
忍者以外には侍と、女忍者のくノ一もいて、バランスがとても良いです。

くノ一

 

そして何よりもびっくりしたのが、その場で行うナレーション役のくノ一の方です。
流暢な英語で、前振りから技のパフォーマンスの説明まで、たんたんとしゃべっていきます。
聞くところによると、以前は英語でのガイドのようなことをやられていたらしいです。

なるほどですね。
これは良いものが出来そうです。

実際に現場に行くまでわからない撮影というのは、心配な部分が大きいですが、
プロ(忍者のプロ?)で活躍されている方たちには、無用な心配だったのかもしれません。

最後は圧巻で、後ろ向きで気配だけで刀を止めるという技。
直前で足で「ドン」と音を出していたので、それを指摘される可能性があるということで、
本当に気配だけで刀を止める、圧巻パフォーマンスでした。

編集が大変だ

長時間にわたり、非常に細かく撮影をしてしまったので、編集がえらいことになりそうです。

流暢な英語も、「ここを消したい」という要望があったりして、
テロップが無かったら、よくわからない部分が出来てしまうところでした。
全体を5分以内にまとめたいのに、10分近くあります。

パフォーマンスだけ抜き出しても6から7分くらいはあるので、
早い演技を繰り返し見せるような演出を入れていくと、10分近くになってしまいます。
それだと長すぎるということで、途中を詰めに詰めて8分強で納得していただきました。

目的は海外の方への紹介用ですが、忍者の方たちのプロモーションとしても使えそうな内容です。
これから外国人がたくさん来日して、忍者や侍が忙しくなることを祈っています。

忍者2

関連事例

  1. イベントイメージ
  2. 着ぐるみ
  3. 自動車
  4. 撮影イメージ
  5. 一眼動画
PAGE TOP